スタンプグラフィティ(第二版)

English rules & French rules are available!

3-6人 / 15-30分 / 8歳以上

デザイン&アート:うずまきスイッチ(@jun1s

ジャンル: 新感覚お絵かきゲーム

店頭価格: 3600円(お題カード同梱)

TGiWアンケートで1位 創作ゲーム100選で8位を頂きました!みんなの感想はこちらこちらから

★販売終了しました

ご購入


  • スタンプグラフィティは在庫がなくなった為、絶版とさせて頂きます。今後、ゲームマーケット等での販売の予定はありません。現在はまだ、ショップ様にいくつか在庫がございます。皆様、スタンプグラフィティを楽しんで頂き、いつも本当にありがとうございます。
  • 【ルール追加のご提案】先日のゲームマーケットでの試遊卓にて、短時間化の為に「自分の手番が来たら、まず手札を全員に公開してから考える(他の人はヒントは言えないが、使う手札について「これを使ったらどうか」等のアドバイスができる)」というヴァリアント・ルールを適用した所、会話も促進されてとてもよかったので、皆さんもぜひ採用してみてくださいませ。(^o^)

どんなゲーム?

 出題者が選んだお題をみんなで協力して絵に描き、回答者に当ててもらいます。但し、配られたスタンプカードに描かれたマークしか、キャンバスに描くことができません。「こんなスタンプカードしかないのに、どうやってそのお題を書けばいいの…?」でも意外と考えると、ひらめく瞬間があったり。「お題を出した人 vs 他の全員」で戦う事になるので、みんなで協力して「私はこの部分を描くから…あとは頼んだっ!」みたいな展開も。

 毎回、「えっ、そこにそれ描くの!?」「まさかこうなるとは!」と、笑いや拍手が起こるパーティーゲームです。

 

デザインノートを公開しました。


動画

 スタンプグラフィティの2分間の紹介動画です。YouTubeのメニューから英語字幕を表示できます。

 The video has English subtitles. You can turn on the subtitles in the YouTube website.

みなさまの感想

twitterでスタンプグラフィティ第二版についてコメントしてくださっている方のツイートをまとめさせて頂きました。ツイートを使わせて頂いた皆様、遊んで頂いている皆様、いつもありがとうございます。

http://togetter.com/li/748618


※初版の感想まとめはこちらです。

http://togetter.com/li/644125

今までのお絵かきゲームとここが違う!

  1. パズルのようなお絵かき

     手札の「スタンプカード」をどう組み合わせて絵を描くか、というのが楽しい、ちょっとしたパズル要素のあるお絵かきゲームです。出来上がる絵はいつも変な絵ばかり…それでも意外と分かってもらえるから、人間って不思議です。「これはさすがに絶対わかんないだろうな…」っていう変な絵を当ててもらえた時は、感動もひとしおです。笑

     

  2. 絵が下手な人でも大丈夫

     スタンプカードを出してそのマークをホワイトボードに描くだけなので、誰でも楽しめます。絵が上手いかどうかは関係ありません。それよりも、どのカードをどんな風に使うか、「ひらめき」や「直感」が重要になります。むしろ絵が上手な人ほど、「うまく描けない」可能性も…! たった一本の線が、勝敗を分けます。

     

  3. みんなで1つの絵を描く

     多くのお絵かき系ゲームは、各自が自分のキャンバスを持って絵を描きますが、スタンプグラフィティではみんなで1つの絵を協力して描くことになります(味方というわけではありませんが!)。「えーっ、そうなるの!?」と新鮮な驚きを感じたり、思いもよらぬ名作の出現に拍手が起きたりと、「みんなで作る」作品の楽しさを味わえます。

何が入ってるの?

主な内容物:スタンプカード×44枚、ジャンルカード×1枚、初回用お題カード×1枚、得点トークン×21、ホワイトボード×1、お題用ミニホワイトボード×1、ペン×1、サイコロ×1、ルールブック(日本語/英語/フランス語)、「いろんな遊び方」冊子×1(日本語のみ)、フェルト生地ホワイトボードイレイサー、A5サイズ化粧箱入り

★カード、箱、ボード類、マニュアル等は、全て「萬印堂」様にて印刷をお願いしております。今回も、高品質で柔軟な対応をして頂き、感謝しております。

★ショップ販売版、およびゲームマーケット2015大阪販売分には、ゲームマーケット2014秋では別売りだった「お題カード(30枚・360題分)」が最初から同梱されています。


お題カードについて

ゲームマーケット2014秋・東京では、本体以外に別売りの「お題カード(300円)」も販売致しました。スタンプグラフィティでは、出題者が「ちょうどいい」お題を考える楽しみがありますが、プレイヤーによってはお題を考えるのが難しいと感じる方がいたり、お題は適当でよい場合があったりする為、そういう場合に使える「お題カード」を用意しています。ハーフサイズのカードにお題が「ふつう」6題と「むずかしい」6題、計12題書かれており、これが30枚、合計360題分入っています。お題カードを使った様々な遊び方(なんとソロプレイルールも!)を紹介したルールブックが本体に同梱されておりますので、ぜひお楽しみください。

ショップ様で現在購入できる「ショップ限定版」およびゲームマーケット2015大阪販売分には、全てにお題カード(30枚・360題分)が添付されます。

ルール

●日本語ルールPDF(A5判 4ページ)【ダウンロード

●英語ルール English rules for Stamp Graffiti [download](PDF)

●フランス語ルール Réglementation française pour le jeu. [BGG.com] (PDF)

●「いろんな遊び方」説明書(A5判 4ページ)【ダウンロード

お題サーバー公開中!スマートフォンからアクセスしてください。現在400題程度。随時お題を追加していきます。

※下の箱裏の画像に簡単なルール説明がありますので、併せてご覧ください。

よくある質問と回答(FAQ)

Q1. スタンプカード「みち」の幅や長さを変えて書きたいのですが。

A1. 厳密には、スタンプカードの縦横比を変えて書くことはできません(縦横比を変えずに大きさを変えるのはOKです)。長さを伸ばしたい場合は、「2回書ける」という特徴を生かして、道を継ぎ足して書くようにすると良いかもしれません。ただ、あまり厳密にやって「2mmほど長いからNG」とかやってもしかたありませんので、その場の雰囲気を見て、多少の変形は許容して遊んで頂いて大丈夫です。特に、家族で遊ぶ場合などゆるく楽しみたい場合には、細かいことは気にせず変形して遊んでください。

 

Q2. 1人目の人が描いた後に回答してもほとんど当てられません。

A2. 回答者が回答するタイミングは、各絵描き毎に回答するのではなく、例えば5人プレイの場合、「絵描き1→絵描き2→絵描き3」と3回書かれた後になります。

 

Q3. 正しいルールでやっているのですが、あまりにも正解できません。

A3. 次の追加ルールをお試し下さい。m(_ _)m

 

【追加ルール1】手番が来た人は、まず最初に手札を全員に見えるようにテーブルに置いて公開します。他プレイヤーは(出題者も含めて)「これを使うと良いのでは」などのアドバイスができますが、「このカードを足に使ったら」などのような具体的なアドバイスは、それ自体が回答者へのヒントになってしまう為、できません。

【追加ルール2】出題者がお題を決めた後(慣れない場合は「お題カード」を使った方がいいでしょう)、出題者は回答者に対してどれだけでも「ヒント」を出すことができます。例えばジャンルが「しぜん」でお題が「カマキリ」だった場合、ヒントとして「動物です」とか、もっと緩いヒントを出したければ「虫です」でもいいでしょう。但し、あまり簡単なヒントを出すと、出題者に手番が回る前に答えられてしまうので気をつけてくださいね。このヒントは、絵描きの手番中、いつでも、何度でも出すことが可能です。様子を見て適切なヒントを出してください。絵描き全員の手番が終わったら、出題者は一切のヒントを出すことが出来なくなります。

【追加ルール3】最後まで正解しなかった場合、回答者が答えを見てから、一番良い線を描いたと思うプレイヤーを1人挙げます。そのプレイヤーは、1点を獲得します。

 

これ以外にも、第二版には、「いろんな遊び方」説明書を同梱しており、この中には「使えるスタンプカードの枚数を増やす」などの、難易度を下げるルールがいくつか紹介されていますので、参考にしてみてください。極端な話、「回答者が正解するまで絵描きと出題者の手番を繰り返す(現実的には2周か3周)」でも大丈夫です。一緒に遊ぶプレイヤーに応じて、緩くして遊んで頂ければと思います。

  

Q4. 第二版にはルールブックに記載の無い、青いフェルトの布の切れ端が入っていましたが、これは何ですか?

A4. これは、ホワイトボードを消す際にご利用頂けるイレイサーです。説明書を作成した後に、「あったほうがいいな」と思い急遽同梱した為、説明書に記載されておりません。ぜひご利用頂ければと思います。

 

Q5. 第二版の「早期予約特典」は結局当日販売分と差がないものだったのですか?

A5. いいえ、ご予約頂いた方のパッケージには、全て「かばん」「すなどけい」「かぎあな」の3枚の特典カードが同梱されており、これらはゲームマーケット2014秋・東京での当日販売分には同梱されておりません。ゲムマ大阪で「うずまき」をお渡し損ねた反省から、今回はご予約分については最初からパッケージに全て同梱させて頂いております。ご予約分につきましては、これ以外に、ゲムマ2014秋で無料配布した「いちきん」カードも最初から同梱しております。こちらも、当日販売分には同梱されておりません。従って、ご予約版のパッケージには、当日販売分に比べて「かばん」「すなどけい」「かぎあな」「いちきん」の4枚のカードが追加で同梱されています

 

Q6. ショップで販売中のものとゲームマーケットで販売されていたものの違いはありますか?

A6. ショップ様で現在販売中のパッケージは、ゲームマーケットで「当日販売分」として販売していたものに、「お題カード(30枚・360題分)」を同梱したものになります。また、これはいくつかのショップ様限定かつ数量限定になりますが、ショップ様毎に異なるスペシャルカードを1枚、添付しています。詳しくは「ご購入」のページをご覧ください。

 

Q7. プロモーションカードはどんな種類がありますか?

A7. 以下にリストアップします。

  • No.0「うずまき」。初版に添付(お渡し忘れていた方、ご連絡下さい)
  • No.1「かぎあな」。第二版早期予約版に同梱。(手違いでカードNo.が印刷されていません)
  • No.2「すなどけい」。第二版早期予約版に同梱。
  • No.3「かばん」。第二版早期予約版に同梱。
  • No.4「いちきん」。GM2014秋でちゃがちゃがゲームズのブースで「どなたでもご自由に」と無料配布されていました。GM2015大阪でも配布予定です。
  • No.5「トリック」。トリックプレイ様限定版に同梱。
  • No.6「おうさま」。ゲームフィールド様限定版に同梱。
  • No.7「ばね」。ゲームストアバネスト様限定版に同梱。
  • No.8「テン」。テンデイズゲームズ様限定版に同梱。
  • No.9「さいころ」。すごろくや様限定版に同梱。


Q8. 「ブーメラン」のカードの英訳が「NOTE」になっていますが?

A7. 申し訳ありません、カードの間違いです。正しくは「Boomerang」です。訂正してお詫び申し上げます。

こちらのゲームもぜひ、見てね(^^)

このゲームに興味を持ってくれた人には、こちらのゲームもぜひ見て欲しいみたいです。